株式会社ダブルノット

What's New

2018年10月12日(金)
株式会社人材研究所代表の曽和利光氏をお招きして、
「地方だから出来る!新卒採用のススメ方」セミナーを開催しました。

2018.10.16

株式会社人材研究所代表の曽和利光氏をお招きして、「地方だから出来る!新卒採用のススメ方」セミナーを開催しました。

実は採用には地方も都市部も関係なく、逆風の中でどうしたらいいかを考えることが重要という曽和氏。
「母集団形成(集客)の考え方」「母集団形成(集客)後にやるべきこと」について約90分にわたってお話しいただきました。

・志望度を重視する採用はもはや時代錯誤
・手書きの履歴書持参は最悪
・採用は「オーディション型」から「スカウト型」へ
・リファラル採用、スカウトメディアの活用
・就職活動意識高い系は要注意!
・採用担当者は口説きのスキルを持て!
・学生のハードルをいかにさげるか(持参書類を簡単にする)
・とにかくリアルに会う
(セミナーより一部抜粋)

など、気付いてはいたけど変えられなかったこと、初めて聞く目からウロコの着眼点、実際の企業の実例を紹介していただきながらわかりやすくお話しいただきました。
一般的に人事セミナーと聞くと硬いイメージがありますが、
「エントリーシート・志望動機撲滅同盟」
「オワコン(終わったコンテンツ)」
など独特の曽和節(そわぶし)を交えたお話は笑いもありながら本当にわかりやすく、会場は和やかなムードに包まれていました。

参加者の多くは実務で採用を担当されており、時代錯誤のあるあるに失笑したり、何かを得て帰ろうとする真剣なまなざしが印象的でした。

90分では全然足りないと急ぎ足でお話された曽和氏ですが、もう少し聞いてみたいと思われた方、今回は参加できなかった方はぜひ「著書、SNS、YouTube」をチェックしてみてください。

著書紹介
・悪人の作った会社はなぜ伸びるのか? 人事のプロによる逆説のマネジメント
・「ネットワーク採用」とは何か: 採用難時代を乗り越えるこれからのスタンダード
・就活「後ろ倒し」の衝撃
・「できる人事」と「ダメ人事」の習慣: 希望してない人事部に配属された私がスペシャリストになれた・理由
・知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長の採用ルール48
・早期内定のトリセツ–就活探偵団が突撃取材

◆Face Book 人材研究所
https://www.facebook.com/jinzai.kenkyusho/

◆You Tube 人材研究所

 

Back to Top