株式会社ダブルノット

事例(猪鹿庵の場合)

会社情報

猪鹿庵

猪鹿庵(ジビエアン)

鳥取県八頭郡若桜町若桜1053-5

猪鹿庵(ジビエアン)は、鳥取県若桜町(わかさちょう)の自然豊かな山で育った天然鹿を加工したもの。
いなばもみじを加工する「わかさ29(にく)工房」では、高い加工技術を持った職人が鹿肉の解体・加工処理にあたっています。その優れた技術により、ジビエ特有の気になりがちな臭みもほとんど気になりません。鳥取県内のジビエ加工処理施設として初めて鳥取県HACCP(ハサップ)適合施設に認定された施設で加工されるため、衛生管理もしっかりしていて、消費者の方に対しても安心安全に胸を張れます。
猪鹿庵いなばもみじは、食のプロであるシェフ御用達の「山の宝石」です。

課題と思い

  • 一般的な消費者への販路については若桜町以外の認知度が低い
  • シェフに対しては一定の流通が確立しているが、一般消費者へのハードルが高い
  • インターネットやデジタルツールの使い方に詳しくない
  • 販路を拡大したいがホームページの更新や運用などが自社では出来ない
  • 自社でEC専任担当者を配置することができない

実際の流れ

IT利活用戦略立案

市場分析/ターゲット設定/競合分析/販売方針策定 など

問題からみる対策案

既存流通との両立を念頭にしながら、商品形態はどのようなものにするのか?
専門店で食べるイメージの強いジビエですが、ペルソナをどこに想定し、どのようなプロモーションを行い販売していくのか?市場や競合について調べ、SWOT分析などを実施。販売価格の試算や販売目標数の算出、ブランドコンセプトを検討し、ロゴやパッケージデザイン、梱包物の必要性など商品設計も担当しました。そして、ECサイトの構成や訴求ポイントのデザインはどのようにするのか?広告展開は?などの販売設計を立て全体のスケジュール組み取り組むことが必要です。

実行計画

商品デザイン策定/価格選定/テストフェーズ実施 など

制作・開発イメージ

このデザイン案にいたった流れ

市場分析や競合調査から策定したペルソナに向けて、どのよう雰囲気のブランドにするのか、どんな色味で全体を構成し、どんなロゴにするのか?を決定。猪鹿庵が想定したペルソナは「美魔女になりたいお母さん 高橋深雪(たかはしみゆき)さん大阪府在住の40歳」。商品やペルソナから連想される単語を100個以上書き出し、ブランドに関わるキーワードを決定。ブランドコンセプトや商品名を考え、さまざまなロゴマークの調べながら、いなばもみじのイメージを固めました。数点作った後、社内や関係者の意見を取り入れながらブラッシュアップ。最終的にクライアントのOKを得て完成。

制作・開発

Webサイト/ECサイト開発/商品開発/運用体制構築 など

制作・開発イメージ

Webサイトに対する理由

ECサイトに特徴的な、お店の特徴をわかりやすくタイトル部分に見せながら、信頼される鹿肉販売のサイトとして認識いただけることを目指しています。また、市場分析や競合調査から導き出された訴求すべきポイント、ペルソナに合うコンテンツなどを掲載。その他にも販売代行をしている私たちの顔を見せることによって、安心感を持っていただけるように努めています。

販売・分析・改善

広告/販売活動実施/データ分析/改善計画/改善の実施/収支報告 など

制作・開発イメージ

販売開始後

販売開始後、お試し商品を用意し初めての方々にも食べてみたくなる、試してみたくなる商品アイテムからの購入を促しています。
SNSではFacebookページを開設して、日々の投稿もしています。お試し商品のキャンペーンを紹介したり、高品質な鹿肉であることや鹿肉の食べ方などの情報を提供しています。また、今後は広告を配信し、認知を広げると共にWebサイトへの見に来ていただける数を増やすことを目指します。そして、訪問数や離脱数などの数値を分析することにより、継続的な改善を図りながら、次の施策、次のプロモーションへとつなげていきます。

担当者の感想

樋口

2018年3月からスタートした鳥取県の鹿肉販売プロジェクト。実際にインターネットショップをオープンするまでに約1.5ヵ月かかりました。鹿肉を食べたことのなかった私は、そもそもジビエとは何か、ヨーロッパの歴史を調べたり日本国内の市場について調べたり、たくさんの情報収集からスタートし、実際に自分で購入して調理して食べてみました。たくさん研究して、たくさん行動して初めて分かることばかり。初回購入のご注文が入った時には、本当に心から嬉しかったことを鮮明に覚えています。
猪鹿庵(ジビエアン)の河戸社長とはこれまで若桜町や弊社のオフィスで何度も打合せを重ねて来ました。私たちのやりたいと言う提案に対して快く了承してくださったり、地元のシェフの方々とのつながりを持たせてくださったりと、一緒になってインターネット販売を推進するために活動していることを実感する日々です。鳥取を元気にするためにこれからも鹿肉販売と情報発信に取り組みますので、ぜひお楽しみに!

Back to Top